Interview

インタビュー

先輩インタビュー


VOL 03

神吉 盛彦Morihiko Kanki

吸水性樹脂製造部

お仕事で日々、心がけていることは?

現場で取り扱っている吸水性樹脂は「株式会社 日本触媒」様のコア事業であり、世界トップクラスの生産能力と、世界一位のシェアを誇ります。主に紙おむつメーカーさんに出荷され、紙おむつの一部分に高吸水性樹脂の粉を入れることで、100~1000倍もの水分を吸収。その粉を株式会社 日本触媒様がつくり、私たちが検品し、梱包して、出荷させる役割分担になっています。
私は入社後、新部署の立ち上げに何度も携わってきた経験があり、現在、60名ぐらいが働く部署の責任者を務めています。仕事ではお客様に対してはもちろん、上司にも部下に対しても、誰に対しても嘘をつかないで正直に、誠実にやっていくことを大事にしています。そういう姿勢を長年貫いてきたおかげで、「株式会社 日本触媒」様から信頼を得ることができ、いい形になってきたと実感しています。

新しい人の教育は?

まずは挨拶など基本的なことから教育します。人の目を見て話をして、笑顔で挨拶をする。とても大事なことだと思います。もちろん人に教育する上では説明するだけでなく、自分が実演して、自分がやってみせたことを実際にやってもらって経験を積んでもらいます。どうやればできるか、本人に自覚してもらうようにしています。
現場の作業は同じことの繰り返しのように見えますが、一つひとつにこだわると奥深く追及できる仕事です。教育を受けた人たちが仕事へのこだわりを理解し、覚えて確実に実践してくれているのを見ると、教え甲斐があった、と心を打たれます。各人が「姫路トラストはいい会社だ!」と胸を張って言えるように、会社の価値や理念を継続していきたいと思います。

ズバリ、姫路トラストの魅力は?

家族的な雰囲気で働くことができる環境です。社長をはじめ、上司も皆、優しく家族の一員のようです。一度、来ていただくと必ず、納得してもらえると思います。他の会社では味わえない、アツい気持ちをもって働くことができる素晴らしい環境です。どんなことがあっても常に寄り添い、共に笑って、泣いて、本当の仲間となって仕事ができる会社です。